●入庫しました!89年 最終モデル 希少 ベンツ 500SL 黒革 4人乗り 229万
最終更新日:2014/04/01(Tue)
 
いつも皆様 沢山のアクセス頂き誠に有難う御座います。弊社 大好評のイベント 下取り車 大放出です。直近まで 前オ-ナ-が 大事にお乗りになっていました。そのため 機関の調子も良く、さらに通常の流通コストが無い分 お安く御提供できます。

今回は、89年 ベンツ 希少な500SL 最終モデル が入庫しました。ブル-ブラック、黒革シ-ト、CDデッキ、ETC 4人乗り、左ハンドル、新車並行、78.600キロ、車検平成27年11月、記録簿7枚。今回は、229万にて御提供です。

メルセデス・ベンツのR107型は、3代目のSLクラスである。
リアシートを有するクローズド・クーペのSLCである。SLCの型式はC107というが、ここではR107同様とする。
機械的な条件いいSLCでは、良好なパフォーマンスが混在し、優れたハンドリング、快適さと安全のため、メーカーを実現することは容易である。
シャーシのコンポーネントはW114モデルと同様であり、エンジンに関してはSクラスと同等になる。
2人乗りのコンバーチブルで標準ソフトトップで、ロング・ノーズ、ショート・デッキの古典的なスポーツ・カーのセオリーに忠実である。
1971年から1989年までこの型が活躍していた。


R107型の特徴

・ウェッジ・シェイプの研ぎ澄まされたボディ
・メッキ・パーツ多く使われているエクステリア
・ネオ・クラシックを象徴する一台
・好き嫌いがはっきりしそうな超個性派なレトロカー