●入庫しました!02年 プジョ- 306カブリオレ 最終モデル 1オ-ナ- 89万
最終更新日:2015/03/06(Fri)
 
いつも皆様 沢山のアクセス頂き誠に有難う御座います。2002年 プジョ- 306カブリオレが入庫しました。希少な最終モデル デイラ-車 右ハンドル チャイナブル-  1オ-ナ- AT 車検切れ ベ-ジュ本革シ-ト  MDデッキ キ-レス ETC 63.000キロ  今回は、89万にて御提供です。

93年に本国でデビューした306は、プジョーのミドルレンジを担うM1セグメントに属するモデル。ボディデザインはスタイル・プジョーとピニンファリーナが担当する。ボディバリエーションが多く、ホイールベース2580mmの3/5ドアハッチバック、ステーションワゴンの3ボディに、ホイールベース2540mmのカブリオレが加わり、全4タイプのラインアップ。エンジンは132馬力の2L直4DOHC、110馬力の1.8L直4DOHC、163馬力の2L直4DOHCの計3ユニット。163馬力仕様が搭載されるのはスポーツモデルのS16(輸入終了)のみ、1.8Lはスタイルプレミアムの5MTにのみ設定。トランスミッションの組み合わせは、5ドアのXSiソノールと3ドア/5ドアのスタイルプレミアムが4AT&5MT、3ドアのS16が6MT。残りはすべて4ATのみとなる。サスペンションはプジョー伝統のフロント/ストラット、リヤ/トレーリングアームを継承。安全装備として全車にデュアル&サイドエアバッグ、ABS、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着。盗難防止にイモビライザーを装備する。ハンドル位置は右のみの設定。なお、Sonore(ソノール)は特別仕様車の扱い。シートにフォステリア生地を採用、MDオーディオ&CDチェンジャ、XSiには電動ガラスサンルーフを特別装備する。なお。後継モデルとなる307登場後もカブリオレ&ブレークは継続販売される。