お問合せ
メルセデスベンツV350オイル漏れ修理

最終更新日2015/07/05
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
メルセデスベンツ V350の走行するとオイルが焦げた様な匂いがするとの事で修理以来を頂きました。
エンジンルームを点検すると一見オイル漏れがある様には見えませんがよく覗き込んでみると、エンジンのヘッドカバーパッキンよりオイル漏れしています。エアークリーナーケースを外すと…

左右のヘッドカバー上部よりオイル漏れが見られます。
M112 M113エンジンはヘッドカバーのパッキンの漏れもありますが、上部のブローバイケースの液状パッキンが劣化し漏れることが多いです。ヘッドカバーからオイル漏れが起きると、エキゾーストマニホールド(マフラー)にオイルが垂れてオイルが焼けます。その時にオイルの焼ける匂いと煙が出ます。
早期に修理をすれば問題ありませんが、あまりにオイル漏れが多いと車両火災の原因になりうる事もございますので、早めの修理をお勧めしております。

Vクラスは乗用車と違いエンジンが奥まっており、非常に作業がしにくいです。
あっちも、そっちも、こっちも外していきます。
ブローバイケースをヘッドカバーから取り外し、劣化したパッキンを綺麗に剥がしていきます。
しっかり洗浄し脱脂を行い、液状パッキンを塗布して組み付けます
……写真撮り忘れた………∑(゚Д゚)

組み付けてパッキンが乾いてからエンジン始動。
エンジンルームにスチームをかけて最終的な漏れチェックをし終了です。

当社サービススタッフは優秀です。お任せ下さい。


ベンツコーディング特設サイト ASCコーディング
ベンツコーディングのアメブロ
Goo Pit HP
Goo Pit blog