お問合せ
Porsche 918 Spyder

最終更新日2011/05/14
ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
Porscheより918台限定、918 Spyderの予約開始がアナウンスされました。

918 SpyderはV8エンジン+モーター2機で構成される電気自動車で、次世代モデルのスーパーカーでございます。

ボディデザインは"カレラGT"やレーシングマシーン"917"の要素が採り入れられ、CFRP製のモノコックボディをもつ2シーターで、それらの正統継承車として誕生しました。

"Spyder"のネーミングが示す通り、オープンスポーツカーであり、カレラGT同様の手動の脱着式ルーフを持ち、外したルーフをフロントのトランクスペースに収納でます。

パワーユニットはV8エンジン+モーター2機で、ミッドに搭載されるV8エンジンは、レーシングカー"RSスパイダー"由来の高回転型を採用。最高出力は500ps以上になります。
電気モーターはフロント、リアに各1機ずつ搭載され、合計で218ps以上を発生します。

エンジンのパワーを後輪へ、モーターのパワーは前後輪へ伝達される独特な4WD構造になっております。組み合わされるトランスミッションは2ペダルの7速PDKになります。

バッテリーはリチウムイオンが用いられ、乗員後方に設置。家庭用電源での充電ができ、ブレーキング時のエネルギー回生も行われます。

走行モードは、ステアリングホイールに備わるスイッチにより4種類が選択可能で、
"ハイブリッドモード"では、燃費とパフォーマンスをバランスさせ、"スポーツハイブリッドモード"はよりパフォーマンスを強化したモード。さらに"レースハイブリッドモード"ではサーキット走行などでの最大のパフォーマンスを得られるモードとなっております。
エコモードの"Eドライブモード"を選ぶと電気モーターのみでの走行が可能で、航続距離は最大25kmになります。

0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は320km/h以上と発表され、ニュルブルクリンクでは7分30秒以下のラップタイムで、カレラGTを上回るパフォーマンスを持ち、
それでいて燃費は33.3km/L(欧州NEDCモード)、CO2排出量は70g/kmという、優れた環境性能も合わせ持っております。

限定918台で、ツッフェンハウゼン本社工場での生産は2013年9月18日から、デリバリーは11月から開始される予定でございます。

弊社では918 Spyderの先行オーダーを承っております。詳細に関しましてはお気軽にお問い合わせください。

AutoProject-D
TEL:048-998-1288
Mail:info@autoproject-d.com



■車両重量:1490kg未満
■エンジン:V型8気筒+電気モーター2機
■総排気量:4000cc以上
■最大出力:エンジン500ps以上 モーター218ps以上
■トランスミッション:7速PDK
■0-100km/h加速:3.2秒
■最高速度:320km/h以上
■燃費:33.3km/L(欧州NEDCモード)