McLaren P1 Prototype

最終更新日2012/09/28
ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
パリモーターショー2012にて、McLaren P1 Prototypeが披露されました。

McLaren F1の正式な後継車で「McLaren P1 aims to be the best driver’s car on both road and track(公道とサーキットで、世界最高のドライバーズカーとなる)」と謳うP1の量産型は、カーボンとアルミニウムからなる超軽量シャシーに、MP4-12Cに搭載される排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジンとKERSを搭載するという構成で、1トン当たり600ps以上のパワーウェイトレシオを持つと発表されます。

フォーミュラー1からフィードバックされた巨大なリトラクタブルウイングは、翼のピッチを29°の角度で調整を可能としており、最大600kgものダウンフォースを発生させるとともに、エアブレーキとしても機能させることもできるとのことです。

今回発表されたP1 Prototypeのデザインに関して、最終的なプロダクトモデルの95%以上が同一となるとのこと。パワートレインやテクニカル面の詳細は2013年初頭に発表され、その直後に正式発売。デリバリー開始は2013年の後半になる予定です。








AutoProject-D
TEL:048-998-1288
Mail:info@autoproject-d.com