Bnetley Continental Flying Spur

最終更新日2013/02/23
ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM




BentleyよりフルモデルチェンジされたContinental Flying Spurの画像及び概要、PVが発表されました。

先行してモデルチェンジされたクーペ版Bentley Continental GTと同様の新デザインの4灯ヘッドライト、フロントグリル、ダクト付きのフェンダー、テールレンズなどでイメージを刷新。
ねじり剛性を4%増加しつつ、設計の見直しやエンジンフードとフロントフェンダーに軽量なアルミニウム素材を、ポリマーコンポジットをトランクリッドに採用するなどで50kgもの軽量化を図っております。

インテリアでは約600の部品を改良。新しい遮音ガラスの採用と床下パネルの追加、ドアのシール素材の変更でロードノイズを遮蔽し、快適さと洗練さを改善されております。リアシートはセパレートと3人掛けから選択可能で、後席からインフォメーションシステムやエアコンをコントロールできるタッチスクリーンリモコンが装備されます。車内Wi-Fiスポットとフロントシートバックに10インチスクリーンを装着するオプションのマルチメディア仕様も用意されます。

パワートレインは、先代モデルと同じ6.0リッターW型12気筒ツインターボエンジンとなりますが、最高出力を552psから616psへ向上した上で、ギア比を最適化した8速オートマチックトランスミッションなどにより燃料消費量を13%削減。動力性能は0-100km/h加速4.3秒、最高速度322km/hと発表されております。

3月から開幕するジュネーブモーターショー2013でワールドプレミアを予定。なお、新しい4リッターV型8気筒ツインターボエンジン搭載モデルは、2013年の後半には登場するものとみられております。





AutoProject-D
TEL:048-998-1288
Mail:info@autoproject-d.com