お問合せ
McLaren P1 Product Model

最終更新日2013/02/27
ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM


マクラーレンよりMcLaren P1のプロダクトモデルの画像及び概要が発表されました。
昨年の9月、パリで発表されたプロトタイプとほぼ同じスタイリングを保ち、運動性能は0-100km/h加速3秒以下、0-200km/h加速7秒以下、0-300km/h加速17秒以下、最高速度350km/h(リミッター作動)、生産台数は375台と発表されております。

パワートレインはMP4-12Cに搭載される3.8リットルV8ツインターボをベースに、最高出力737ps/7,500rpm&最大トルク720Nm/4,000rpmにまで強化したエンジンをミッドシップマウント、
さらに179ps/260Nmを出力する電気モーターを装着することにより、システム合計で916psを発揮します。

この電気モーターのサポートにより、ターボエンジンにもかかわらず自然吸気のようなレスポンスと加速が得られるとのことです。
バッテリーはエンジンとシートの間に搭載され、ブレーキの回生エネルギーか家庭用電源で充電可能。重量は96kgで、バッテリーのみでも20km走行できるエレクトロニックモードも設定されております。

電気モーターのパワーはステアリングに取り付けられたIPAS(Instant Power Assist System)ボタンで作動。また、ステアリングには任意でリアウィングの角度を調整して最大23%ドラッグの量を減少させるDRS(Drag Reduction System)のボタンも備えられております。

装着されるタイヤはピレリ「P ZERO CORSA」の特注品。ブレーキはマクラーレンのF1のパートナーでもある「曙ブレーキ」製。従来のカーボンセラミックよりも軽く強く、放熱性の良い冷却効率に優れた新世代ブレーキシステム。

インテリアは、モノコックが剥き出しの状態でインテリアトリムや防音材などは最小限にとどまり、塗装は行われておらず(これにより1.5kgの軽量化)軽量化が徹底されております。
シートは僅か10.5kgの超軽量カーボン製バケットシートで、背もたれは28度or32度に固定、6点式ハーネスもオプションにて装着可能。
レーシングカー顔負けのスパルタンなイメージとは裏腹に、視野の広いフロントガラス、解放感のあるガラスルーフ、タッチスクリーン式インフォメーションシステム、フルオートエアコン、オーディオシステムなど、ドライバーを中心とした車造りがされており「レーシングサーキットを卓越したレベルの快適さと洗練さで走るように設計されている。」と語られております。

AutoProject-D
TEL:048-998-1288
Mail:info@autoproject-d.com