お問合せ
New Mercedes-Benz S-Class

最終更新日2013/05/17
ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
Mercedes-Benzよりハンブルグで行われたローンチイベントにて、フルモデルチェンジされたS-Classが発表されました。

通常モデルが「W222」、ロングホイールベースモデルが「V222」というコードネームとなり、新型S-Classのローンチ時点でのラインナップは、

最高出力258psの3リッターV型6気筒ディーゼルエンジン搭載のS350 BlueTECS350 BlueTEC Long

最高出力306psの3.5リッターV型6気筒エンジン+最高出力27psの電気モーターを組み合わせたハイブリッドドライブトレイン搭載のS400 HYBRIDS400 HYBRID Long

最高出力455psの4.7リッターV型8気筒エンジン搭載のS500S500 Long

ボディサイズは通常モデルが全長5,116mm×全幅1,899mm×全高1,483mm、ホイールベース長3,035mm。
ロングホイールベースモデルが全長5,246mm×全幅1,899mm×全高1,483mm、ホイールベース長3,165mm。
ロングホイールベースモデルでは全長&ホイールベースが130mm長くなっております。マルチグレードスチールを多用しルーフなどを含むボディ外板にアルミニウムを使用するなどして軽量化を図った新設計のシャシーを採用するなど全面的に刷新されております。

インテリアはメルセデスベンツの最上級サルーンにふさわしいクオリティをいっそう高めており、ダッシュボードはドアと連続感を持たせ、キャビンを包み込むようなデザイン。ダッシュボード中央には12.3インチの大型モニターが配置されます。このモニターはタッチスクリーン機能を持ち、インテル製「Atom」プロセッサーを搭載、Google Mapと連動したナビゲーションシステムを備えております。

後席のオプション装備も充実しており、後席用大型モニターが装備されるリアエンターテイメントや、37度から最大43.5度までリクライニング可能な背もたれ、14個のエアクッションを使用した新しいマッサージシステム、加熱アームレストとドアパネル、アクティブシートベンチレーションなども設定されております。

新機能としてステレオカメラで路面の状況を監視し、その解析情報から自動的にサスペンションの減衰力などを変更する高度なアクティブサスペンションシステムMagic Body Controlを始めとする多数の運転支援システムや安全装備などが用意されております。

その他、高画質な画像をオートプロジェクトD Facebookページへアップロードいたしましたので、下記のリンクよりご覧下さい。
アルバム「2014 Mercedes-Benz S-Class」
















AutoProject-D
TEL:048-998-1288
Mail:info@autoproject-d.com