お問合せ
2009年 スーパーGT選手権 マレーシア・セパンサーキット 第4戦 予選11位・決勝3位  コンディション/ドライ 

最終更新日2009/07/01
ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM



今回はフリー走行でスコールがあり、ドライコンディションでの走行がほとんど出来ないという中で、予選を迎える事になりました。
予選では、マシンのセットアップに少々苦しみ11番手に留まります。
74キロというウエイトもここに来て、かなり影響しているのでしょう。。。

迎えた決勝日。
前日、そして決勝当日も最後まで入念な打ち合わせの末、マシンのセットアップの変更に踏み切ります。

決勝前のフリー走行前には、またもやスコール…
フリー走行では何とかドライタイヤで走れたものの、決勝を見据えてのセットアップは難しいものになりました。
しかしながら、そんな中でもポジションは2番手。
土曜日のマシンの状況を考えると、セットアップ変更により良い方向へ向かっていました。

レースは、谷口選手→折目の順番でスタート。
がしかし、、
早々に他車との接触でまさかのスピン!!最後尾近くまでドロップダウンしてしまいます。
その後は懸命の追い上げにより、ドライバー交代の際には6番手でピットイン。

そして我がチーム恒例の?「タイヤ無交換」作戦でピットアウト。
ここでもこの作戦が功を奏し、ポジションアップに成功。

しかしここは灼熱の地、マレーシア・セパン。
ピットアウト直後からタイヤのコンディションは厳しく、ミスをせずマシンをコース上に留めておくのが至難の業でした。
このような状況により、ポジションキープに全力を注ぎました。

今回もテスト時間が短かった為、タイヤライフがどれ位なのか??
不安要素は付きませんでしたが、ADVANタイヤの素晴らしい働きにより、無事3位と言う素晴らしい結果を掴む事が出来ました。
メインスポンサーのM7ムティアラモータース様、及びパーソナルスポンサーであるSGC様の地元であるマレーシアでの表彰台獲得は、今回「MUST」であった為に一安心といったところでした。

これにより4戦連続となる、表彰台獲得です。
ポイントランキングもトップに浮上です!

次戦は更にウエイトを積み、96キロという過酷な状況ですが1ポイントでも多くポイントを稼げるように頑張って参ります。
今後も皆様のご声援宜しくお願い致します!!



RYO ORIME OFFICIAL WEB SITE
SUPER GT OFFICIAL WEBSITE