お問合せ
スパーGT300開幕戦鈴鹿!折目選手表彰台獲得!第2戦岡山とGT-R展示!

最終更新日2010/04/02
ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM





スパーGT300開幕戦鈴鹿!折目選手表彰台!おめでとうございました

鈴鹿サーキットに引き続き

第2戦岡山 2010 AUTOBACS SUPER GT 第2戦 OKAYAMA GT 300km RACE

にもGT-R展示されます。

スーパーGT 応援の際は 

BRANEW COMPLETE CAR NISSAN GT-R R35

をのぞいて見てください!

***************************************

折目遼 選手から2010年、開幕戦鈴鹿のレポートをお送り致します。
開幕戦からポールtoウィンを達成出来、非常に満足のいくレースでした。
今後も気を引き締め頑張って参ります。
御声援宜しくお願い致します。


2010年 スーパーGT選手権 鈴鹿サーキット 第1戦  

予選1位・決勝1位  コンディション/ドライ


今回の予選はノックダウン方式で行われ、谷口→折目→谷口の順で出走しました。
ファーストアタックは3番手、自分がアタックしたQ2では2番手、そしてQ3では何とトップタイムを記録。
雨宮レーシングに来て初の、ポールポジションを獲得致しました。

翌日の決勝はオープニングラップから黄砂交じりの雨がパラツキ、最悪のコンディションの中スタートしました。
(決勝出走は谷口→折目の順番です)
ポールからスタートし、ダンロップコーナーまでに後続車を引き離す力走を見せていましたが、デグナーカーブ1つ目でまさかのコースオフ。
これで6番手にまでドロップダウン。

しかし、その後は安定したラップを刻んでくれ、レース中盤までにはポジションを挽回してくれました。
加えて、GT500車両同士で多重クラッシュが発生し、ペースカーが導入。
このお陰で、前車とのマージは無くなり、直後には3番手を走っていた♯86番をオーバーテイク。
ここで作戦を変更し、ピットイン。

そして、今回もタイヤ無交換の作戦を決行。
アウトラップから2〜3周はプッシュしましたが、その後はタイヤマネージメントに心掛けました。
全てのチームがピットを済ませた時、無線で「トップ浮上」の連絡を受け、「今回も作戦が実ったんだ」と感じました。

その後はきちんとペースを維持し、チェッカーまでの周回を楽しみました。
最終的には30秒近いマージンを築き、トップでチェッカー。

ポールtoウィンを成し遂げました!!

今回、素晴らしいマシンを用意してくれたチームに感謝すると共に、この様な体制をサポートして頂いている全てのスポンサー様に感謝致します。また、ファンの皆さんの応援に応える事が出来、非常に嬉しく思っております。

この勢いで、2戦目以降もチームと共に頑張っていきたいと思います。

これからもチーム雨宮の御声援を、宜しくお願い致します。


レーシングプロジェクト クランプ 折目遼
2010 AUTOBACS SUPER GT 第2戦 OKAYAMA GT 300km RACE
BRANEW GT-R