鬼に金棒 クレヨンポルシェの足回りがセットこれから変わる

最終更新日2017/08/23
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM

クレヨンポルシェの足回りのリフレッシュ及びサーキットを
走るポルシェの足をセット&リフレッシュをお願いしている
クレヨンの整備協力店に 写真の足回りを確実に細かくセット
出来る機械とリフトが入りました。

さきほど私の996GT3で色々と試しました。
まず一番良いのは.US製のアライメントテスターのため ポルシェに限らず。
ほとんどのノーマルの基本のデーターが入っている事です
つまり修理の基本ゼロの状態を確実に正確なところから
はじめられる事です。 

次に日本製のリフトとの組み合わせたため.細かな調整が出来るので
車が本当の水平を保つことにより こんま0.1ミリ長さ0.1度角度
以下まで測定が正確に出来る事です

今までから サーキットを走るときには助手席を外して 私の体重
現在74キロを想定して足回りをセットしていましたが 
実際に頭ではわかっていたつもりでしたが.私がドライバー席に座っている
状態では タイヤ四本の全ての数値が細かくあらわれると驚きを隠せないですね
当然タイヤの空気圧を一般道の数値からサーキットで走る数値にセット
0.5前後落とすだけでも数値がかわりますね。 
これを 見ていると耐久のレースなとで何番目に何周はしるかにより
ガソリンの量などでベストの足のセットが可能になりますね
それも以前なら一度リフトに上げて下ろして走って調整していたのが
このリフトで上げたままで色々と調整する事により 確実に早くできますね。
この機械とリフトを使いこなすには 今までの足回りの理論と経験がある
鬼のような職人と機械とリフトの合体した金棒...
これが本当の鬼に金棒。

あとは9月18日の鈴鹿サーキットでの私のタイムの結果次第なので(笑)
私は来週から 自分の中のベスト体重の二キロダウンとウエストを少し
減らす事に心がけます。