試運転 964SS まさかの?

最終更新日2017/09/14
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM

夕方クレヨンメカニックから鍵を渡され試運転の開始です 

クレヨンポルシェ=私が乗りたいポルシェ?の確認とも言えますね。
お決まりの近くのスタントでガソリンを満タン 新車でも中古車を買って
一番に行くところ皆さん(笑)スタンド何気に悲しくないですか(笑)
そんな事も考えながら.(私は嫌です)(笑)
空冷ポルシェなどは.製造から20年以上経過しているので
ガソリンタンク内のトラブルを見つけるためにも必要なのがガソリン満タン作業なんで

すね。
メーター類 スイッチ類 全てokです
下道を走り得意のナジマシ運転をして タイヤ 全てのオイルの温度
ブレーキローター パットなど良い状態にします。
これスポーツカー乗る人の常識ですよ。
スピード及びコーナーが速く走れて ブレーキが良く効く
準備体操ですかね。

そして一般道を走りブレーキタッチ ハンドルの左右の感覚 OK
エンジン及びミッションなどオイル交換 タベット調整おこない
エンジンの音も良い感じですね 964は964の音がしていますねOK
今回 整備する前に感じたエンジン?などは スロットル関係の洗浄
エアフロの交換 プラグ交換なとで全て改善していましたね
ともかく964の中で一番車体が軽く感じるのがSSですね
RSより軽く感じますね 屋根が無いので重心位置が低い事から
全てハンドリングが軽快ですね 箱車とフォーミラーの言い過ぎでが
差が有りますね(笑)  カブリオはホロで電動で強化フレームで
重たく SSはホロではなく日よけで軽く ホロ骨も少なく軽く
内装はRSと同じ軽量のシート ハンドル ドア周りなど
リアのシートなども無くそれが素晴らしい軽快なハンドリングを
味わえますね...正直Tipモードを叱りと使い切れば
これほど山道でカートに近いポルシェは無いと思いますね。
そんな下道とワインでイングテストを気持ちよく走り。
お決まりの高速道路テストに行くので
左下に隠れているETCの車載機にカードを入れましまた。
湖西バイパスを走り名神東インターから乗ることにしました。 

私はETCは絶対では無く.バーが絶対に上がってくれると思っていません。
テストの時には必ず100メートルぐらい前から少しスピードを
落として後ろの車に意識を与える事にしています。
そこで ?がおこりました..何とETC車載機からカードが入っていません
の声? とりあえず一般の料金所でカードを抜き取り
大津インターで下りて確認したところ カードは入っていました!
カード方向 カード期限などの確認OK 
そして再度カードを入れると青いランプが付きません?
なんどが繰り返してながら機械をガチャガチャとしたら
ランプがつきました。 
おそらく車載機の接触不良ですね....その場からETCの
新品の手配をしました。
ある意味今回は新オーナーにお渡しする前にETCの?が見つかり
良かったと思いますね...車載機は964のベルトよりも安い機械です。

ある意味壊れていたら一番怖い物かもしれませんね。
クレヨンでも昨年から今年にかけて.ETCの買い替えがちらほら
ある事から思えば.整備するときの項目に加えないといけませんね。
皆さんも ETCレーンは信用しないで下さいね 
今日からWコーティング施工スタートです 
最初の写真は昨日の夕焼けの写真です。 二枚ありますが
一枚は構図が決っているクレヨンの綺麗綺麗職人 二枚目が
私がライカレンズの力をかりた写真です。


トラック バック