三年間走行〇キロ? 少し悲しい里帰り整備 リフレッシュ993CS

最終更新日2017/09/21
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


三年間で走行0キロ?の時様態からの整備
注意点
バッテリーをつないで エンジンを絶対にかけては駄目です

1 そのため.引取りから立体駐車場での保管なので 二人で押して
  キャリアカーに載せる
2 その後外にリフトに上げて前回.
3 私が念のためガソリンを満タンにして
  酸化防止剤を入れてありましたが 2年しか効果が無いため
  全て抜き取ります 
4 新しい ガソリンを入れます  
5 当然バッテリーも完全に死んでいるので新品に交換 
6 その後エンジンに火が入らないようにしてクランキングして
  オイルをエンジンに内部にいきわたるまでクランキング
7 エンジンに火が入る状態でエンジン火をいれる 当然
  三年間でフラット6エンジン シリンダ内にオイルが
  たまっているのでそれを燃やしきる
8 クラッチがひっいているのでギャーが入らず ブレーキオイル
  クラッチオイルの交換とエアー抜きを繰り返しなんとかクラッチをはなす。
9 燃料系のフィルター2個  燃料ゲージなど交換して
10 タイヤも新品に交換します。

   ここから先は 現在の写真の里帰り整備となります。 
  クレヨンとしては少し今回は悲しい里帰り整備ですね。