試運転 ポルシェ997ターボ 役得ですね♪

最終更新日2017/11/16
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM

試運転 ポルシェ997ターボ 役得ですね♪

この時期に ターボの試運転は最高ですね
その分気を引き締めないと危険な時期でもあります。

まずはご近所のスタンドでガソリン満タンです
元クレヨンポルシェですが 新たな気持ちでの
試運転各スイッチ類なども確認OK

そして今回はクレヨン~江戸まで乗って帰られる事を想定して
の試運転となります。

ナジマシをかねて.クレヨン~近江大橋を渡り
琵琶湖沿いを走り琵琶湖大橋から栗東から高速に乗り
南郷まで走り.立ち木観音近くのランイダーズカフェで
休憩その後高速にりの桂川インターまで走り 豚汁ランチを食べて
栗東まで走り下りて三度めの高速(笑)栗東から京都東まで
走り戻って来ました。 
写真は その道中です 紅葉が色づいている所もありますね。

さてさて乗った感じですが 最初に一年で一番楽しく危険と言った意味は?
この時期は気温が低く空気が乾燥しているためです。
ターボは一年で一番パワーが出る時で夏場と比べる1.5倍ぐらい速く感じます。

普段サーキットでGT3のハンドルを握っている私ですが
いきなりの全開はさけて走りますね。
自分の思っている速度より約15パーセントスピード出ていますね。
前期の997ターボは後期に比べるとパワーも低くTipと皆さんが
あまりイメージ古臭く思えますが本当はこれ間違いですね。

全ての答えを書くと.天の声で叱られるので書けませんが
991のカレラ4の販売がカレラの販売から一年後に出たのが
考えると?直噴エンジン 四駆 PDKの組み合わせは?ですね
そしてGT1クランク系のエンジンとTipそして1990年から
のTipのソフトの蓄積が詰った2008年のターボでワイデングを走ると
物ズこぐ気持ちよくシフトアップ シフトダウンをアクセルワークで
反応してくれますね...そしてもう少し頑張って走るならハンドルの
シフトわ使えばかなり攻め込んで走りになります。

ブレーキも996ターボの時に比べる格段に止まる感じがします
これは 並列のツインターボと直列のツインターボでの変更とも考えられます

996ターボ時代までのターボを乗られた人は感じられると思うのですが?
アクセルを戻した時に 私の表現で言うとターボのパワーが少し残っているので
ブレーキを踏んだ時にまだ前に加速している感じがありました。
997ターボからは ほとんどこの現象も感じられる確りと今回のターボも
止まってくれます 

ハンドリングも 四駆のシステムがポルシェも1989年カレラ4その前の959から色々なシステムにチャレンジしてきていますが 997ターボはその中でもフロント
の接地感を出しながら基本RRの走りが楽しめながら安全にコーナーをクリアーしてくれますね。 
ここで 一番注意しないと駄目なのは 全て限界高いため限界を超えると
コントロールする事は出来ないと思ってください。
つまり 限界を超えると車両保険のお世話になることになります。
特にこの時は 楽しいだけに 心のブレーキをかけてくださいね。
昨日の私の試運転でした。 
最後の写真は走り終わって後のリフトに上げて下回りのチェック
ですOK  本日納車 秋晴れ最高。