クレヨンポルシェになるまで企画 2.0万キロ964納車整備 エンジン積み込みました。

最終更新日2017/11/30
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM
一般中古ポルシェタイプ964が クレヨンポルシェに成るまでの
整備をお伝えはして来ました
機関の整備に関しては 今回の整備で完了と成ります
ドライブシャフトブーツの交換及びオイルラインの一部交換などを
終えて.写真で解るように エンジンをエンジン台から下ろしミッションと結合して
ボディーと合体します。
そのごオイル類を入れてエンジンに火をいれて一晩おき。
今朝私が下回りなどの確認をしまた。Okです   

今回の整備関しては 走行が少なく個体としては良い物でしたが
逆にいままで手を入れられていないこともあり 
足回り ブレーキ 吸気系 電気系 バキューム系 燃料系
オイルラインにいたるまでのリフレッシュ納車整備となりました。
これでクレヨンポルシェの機関の基準である
私が乗っても良いタイプ964Tipとなりました。

本日昼から 壁一枚挟んだ隣の綺麗綺麗工場に
場所を移動して外装のクレヨンポルシェの基準
私が洗車しても気にならないレベルに施工スタートします。


トラック バック