空冷ポルシェの2017年の〆のスペシャル納車整備964SS

最終更新日2017/12/02
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


2017年もあと少し今年も沢山の水冷 空冷のクレヨンポルシェを
日本国内で乗って頂き心配の少ないポルシェをリフレッシュしてきました。

そんな2017年の〆の空冷ポルシェに相応しい964SSを新オーナーと
私と話の中で.今以上よくなる方法を談義している間にエンジンのオイル漏れ
など無いエンジンですが 以前エンジンの分解整備しているときに 当時は外した時に
ヘッドが問題が無かったのでスルーしていましたが
スピードスターはタイプ964で一番ボディーが軽く感じられて.アクセルのつきが良く気持ちよい走りに
磨きをかけるために クレヨンメカニックと新オーナーと私と談義したところ
エンジンヘッドのガイドの撃ち変えを含むヘッドのフルオーバーホールすることにしました。
私の経験から考えると今回のSSのエンジン前回のクレヨンの整備で
ピストンリングなどの交換をして全てがヘッドいがいはある意味新車の時よりパワーと
フィーリングが良くなっているので.この時期にヘッドをフルにすることにより 
確実に新車のエンジンのフィーへリングより良くなると事を確信しています。
新オーナーのクレヨンのスペシャルオプションで選んだ頂いたリフレッシュが2017年の〆となります
完成後の試運転が楽しみです。