納車整備 993ターボ最終 エンジン下ろしますか?

最終更新日2018/03/20
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM

納車整備スタートです
走行距離の少なく元クレヨンポルシェですが
経年劣化でリフレッシュのタイミングのため今回乗り換えて
いだき。
入庫してきた固体 
ストックに並べる前に ステアリングラックからのオイル漏れで
ラック交換及び外装では左右のストンガード張替え及び
車検取得など試運転出来るレベルに仕上げていましたが
新オーナーが決まって本格的な納車整備なり
クラッチをオーバーホールその他の整備もあるのため
エンジンを下ろす準備しています。

今回の整備でおおよそ部品が高騰しているのもあり
部品代を含めたリフレッシュ整備費用は250~300ぐらい
必要となります。
クレヨンの空冷ポルシェの販売価格には.整備費用(部品代 整備工賃)を
店頭価格に入れてます。
他店では 別途成っているケースがほとんどですので
空冷ポルシェを購入される時には必ず事前にポルシェに
ある程度知識のある方シヨップで的確な整備
済み乗り出し価格で判断して下くださいね。
最終の空冷993も今年で21歳ですので。

993ターボからはクラッチがパーワークラッチになっているため
クラッチが軽く乗りやすいのですが 減りも早いです。