納車整備993ターボ ここまで分解します

最終更新日2018/03/24
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM
走行距離少な2.3万キロエンジンの調子も良いのですが
やはり劣化と言えばそこまでなのですが?
ターボ車特に993からはツインターボになり 熱対策もされていますが
やはスルーボルトのオーリングからオイル漏れがそれも最近しています。
入庫した時にはリフトに上げて確認.無かったエンジン本体のオイル漏れですが
突然漏れ出してきた綺麗なオイルです。

そんな事で 今回は最初の写真の所まで分解します
ポルシェと出会い来年で40年日々勉強ですね。
私も歳をかさねて行きますが
空冷ポルシェも私と同じように歳をかさねていきます
私は週に鍼灸 成体 ジムとそして付きに一度検診を受けて
働いています。
空冷ポルシェも大変な時代に入って気います
   ポルシェは一生懸命働いた大人のご褒美
知識と経験と整備工場があるお店で特に空冷ポルシェは皆さん
購入をお勧めします

今回のオイル漏れのようにクレヨンも経験の無い突然起きます
納車整備に発見したので直しますが 納車後起きれば新オーナーの
負担となりますので.クレヨンは痛い出費ですが.それも私の経験です。

一般の方は.昔私がユーザー時代に同じ経験でポルシェ車体ローンに
修理のローンで払えなくなり売却した記憶がふっとよみがえりました。
トラック バック