納車整備ポルシェ996ターボ 私の仕事試運転

最終更新日2018/07/08
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


雨があがりました。
早起きをして営業時間前にガソリンを満タンにして
試運転を終えてきました。
元クレヨンポルシェと異なる個体は色々と手をいれてリフレッシュしましたね(笑)
パワークラッチも初期段階から確りと軽くなりましたね。
ともかく強烈に速い車です
そのため.ブレーキとタイヤはリフレッシュしたので良い感じですね
ポルシェ社のターボはタイプ993と今回の996が片側それぞれのバンクに
一個タービンを装着するツインターボと成っていて.997からのターボと異なり
少し回転が上がった時からの強烈な加速は首に悪いぐら一気に加速しますね(笑)
また6MTですが 6に入れていても5でも同じように加速しますね
それぼど3000回転を超えているとストレスレスで加速します。
一般の人がこのパワーは四駆のシステムが無ければ危険なかんじすらしますね。
普段私も996GT3でサーキットを全開走行していますが.当たり前ですが
一般道では2で全開走行はできませんね.それぐらいの加速です。
996ターボは少し危険な味付けですね。
ひとつ注意しないといけないのが 燃費の悪いの我慢するのですが
燃料タンク容量が少なく滋賀から江戸までは走れないことですね
GT3は100リットルタンクなので.ターボと比較すると二分の一の航続距離ですね(笑)
こんかいは 内装からフロントガラス及びボディー回りとクレヨンポルシェとなるべき
新オーナーのご理解をえながリフレッシュ出来て一台となりました。

トラック バック