完成試運転 ボクスター 987スパイダ- 

最終更新日2018/09/21
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


完成試運転 ボクスター 987スパイダ- 
私が過去に乗ったツーシーターミッドシップポルシェの中で最も
楽しいハンドリングと絶賛しているタイプ987スパイダー
それも今回は男気タイプACレスのある意味スペシャルな一台
普段と異なる試運転は高速などは 湖西バイパスだけにして.
スパイダー本来の力を発揮できる山道を選ぶため.クレヨンの
裏山である.比叡山を登ってきました。
いつもながら お隣のガソリンスタンド満タンそして.各部のチェックを済まして。

911とボクスター大きく異なるのは エンジンが後ろか真ん中かです。
最近の911はRRと分からないぐらい高速でも安定しています
そんな高速舞台で911と比べるのは意味がありません
エンジンを真ん中に置いたミッドシップのボクスターそれも ドア フロントフード
リアキャノピーまでアルミ内装もRSタイプさらにカーボンシートなど
出来る限り軽量した物を市販車で作りこんだワルター最後の監修の987スパイダー
湖西道を走り.比叡山に入るとスパイダーの本領発揮ですね シートの後ろからは
3.4のフラット6の吸気音とエンジン音が響き少し遅れてマフラーから
山間を響く低温がこだまするような錯覚におちいる走り.アクセルを踏む弱める
それてだけ.気持ちが良い走り.そこに登り坂ならブレーキングを平地とことなり
遅らし.ハンドルを切り最高のタイミングでアクセルを踏むと自分のドライビングスキルが
上がったかのような.軽快なコーナーリング.少し速度を上げてるとブレーキをさらにおくで
踏みハンドルを切りアクセルを少し早く踏むとリアのタイヤがキュッと音が出ながら
カウンターを少しあてるだけで小回りが出来るような錯覚に陥るのも.スパイダーの
特徴でもあります。
そして何よりも911と異なるのは山は昇っと必ず下りますよ(笑)
ここが異なりますね エンジンが一番後ろにあるため.叱りと減速してお尻が
出ないように走らなければならない911と異なりエンジンが真ん中にある
スパイダー当然911より不安な下りは.登りと変わらない感じの走りが楽しめますね
これからのシーズ最高の一台です
現在987スパイダー走行0.9万キロ AC付き さらに本国仕様の軽量ボクスター
スパイダー専用ホイルが装着された.日本の山間では楽しくこれ以上楽しく走れる
スパイダーはポルシェ社にはありませんよ(笑) タイプ981 タイプ718スパイダーも
今後発売されますが サイズ感が日本では987限界の大きさ.そして何よりワルターの
監修の機械式の足回りはこのモデルが最後と成っています
けして安くはない在庫の987スパイダーですが.乗って楽しいハンドリンクには
価値はあると私は思っています。
少し宣伝しすぎましたかね(笑) 

987スパイダー在庫 AC付き 本国純正軽量ホイル付き