納車整備 1991年ポルシェ964ターボ スタート

最終更新日2018/10/03
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM

良い個体を譲り受け~店頭に並べるまでに 外装及び試乗できる程度の整備いしいてる
クレヨンの展示ポルシェ.外装は綺麗綺麗にストンガード張替えからペイント
さらにホイル タイヤなどにリフレッシュしていたため.外装はクレヨンポルシェの基本
私が洗車しても気にならないレベルにリフレッシュしていました。
残すは オプションで今回も選んで頂いたWコーティング施工だけです。
本体の整備に関しては昨日から.始まりメカニックとの打ち合わせで.ある程度
部品と整備メニューを作りあげます。
そんな クレヨンポルシェの納車整備スタート風景です。
関西人ですからお金の事を言うと 外装~機関の整備などで
これぐらい良い個体の物でも 部品と工賃など入れていくと
200~300はかかりますよ。
空冷ポルシェをなめてかかると ひどい目にあいますよ。

昼からエンジンを下ろすとまだまだ交換する部品が増えますね(笑)