試運転 997ターボ カブリオTIP

最終更新日2018/11/09
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM

ポルシェセンターの納車整備をメインにして頂き少しだけクレヨン整備プラス.新オーナーのご希望でリアタイヤはほぼ新品が装着されていることもあり.フロントタイヤを新品に交換して仕上げにWコーティングの施工を終えての最終の試運転と成りました。
ご近所のガソリンスタンドでガソリンを満タンにして.メーター類の確認などをしてるナジマシ運転です。
走り出しと所から流石に19インチですが新品のミッシュランNマークタイヤですねハンドルを握った時の感じが良いですね
991Tのタイヤがピレリーが付いているのでこのミッシュランのタイヤの感じがソフトで確りとした転がりながらのサイドの強さが最高ですね。 とくに今回はクーペではなくカブリオだけにタイヤのチョイスは大正解ですね。
そんな感覚を感じながらナジマシ運転を終えて.一般道と湖西バイパー最高速70キロの一般道をはしり気持ちの良いドライブですね.ハンドリング左右確りと曲がりブレーキも997まては昔からのポルシェのタッチで好きですね.アクセルの踏んだ時の加速は一つのタービンの中に二つの羽を仕込んだ画期的なツインターボはアイドリングから少し踏み込むだけで大きトルクが発生する.まるで良い意味でのV8エンジンの加速でが味わえますそして.そのままV8では無い高速まで同じ感じのトルクでグイグイと加速します。
正直これ以上のパワーを必要としないと思われるGTワンクランク形状のエンジンとTIPとの組み合わせは最高ですね
ここにも良く書くのですが日本の道路は私の中では絶対にPDKよりTIPが乗りやすくあっていると思いますね。
そんな事を感じながらの試運転を終えて今週日曜日フェリーに乗って九州に手渡し納車に向かいますので 11日日曜日は来店予約は12時までと成っていますので私にお話しがある方は遅くても当時は10時にはご連絡くださいね。
             譲り受けと納車は還暦頑固親父岡本がいたします。 
              クレヨンポルシェ=還暦頑固親父が乗りたいポルシェ


トラック バック