里帰り整備3.2カレラ納めて30分戻って来る!

最終更新日2018/11/13
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


里帰り整備でお預かりしていた930カレラ3.2ですが.クレヨンポルシェとして10年近以上乗って頂いています
この10年間大きな故障もなく主に油脂類の交換及びリレーの交換及びブッシュ交換ていどでした。

クレヨンポルシェとしてリフレッシュ後10年経過近年の走行距離は2年で1800キロです。
空冷ポルシェ里帰り整備にもクレヨンAパターン Bパータンがあります。
ほとんどのクレヨンポルシェは里帰り整備はAパータンです.車検ラインが取得できて油脂類の交換と言った簡単な整備です。(お渡しする時にリフレッシュしているので)
今回はフロントブレーキの引きずりがありキャリパーのオーバーホール及びローター.パット.ベアリンク゛交換でラインには合格その後油脂類の交換で完成。
Bパータンはある意味乗って気になる所わ全てさらに.私が乗って気になる所などをリフレッシュ感覚でおこなう納期と予算?パターンです。
今回はAパータンで里帰りで整備でしたが。
私が少し試運転して?が沢山ありましたので二年後の里帰りはBパータンで行くことを考えてください伝えてから.乗って帰ってもらいました。
すると30分後に戻られてきて!どうしましたか?ミッションがくらくら?数年前にもシフトレバーのが写真の青矢印樹脂ブッシュが壊れ同じ症状がでました。
前回は青矢印のブッシュです今回は赤矢印のブッシュが破損 
クレヨンは必ず一個壊れても必ず2個セットで交換しています。  走行距離と少ないと逆に樹脂が固まるのかな?皆さん空冷ポルシェはこのようなトラブルは年々増えることを念頭に考えてくださいね。
流石に今回は私もショックですね.先ほどまで車庫から出したりしてい問題なく動いてい物が赤の矢印の部品が一瞬で壊れて.ぐらぐらになり納めて30分でクレヨンに戻ってこられたのは930の持ち主は一番ショックと思いますが.私も今回はかなりショックでした。