試運転997GT3CS 高速を走り山を越え琵琶湖眺めながら

最終更新日2019/01/16
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM

試運転997GT3CS 高速を走り山を越え琵琶湖眺めながら

今回の個体直接前オーナーから譲り受けて過去のお話を聞いての整備をしてきました。
タイヤの関係などから本格的な試運転を控えていたため.先日最終のタイヤ交換空気圧センサーの交換を終えて今回の試運転と成りました。
高速道路を含めて山道及び琵琶湖沿いをはしるルートを選んできました.
日本の中古車屋さんではほとんどしている事の無い(笑)ガソリンを満タンにして各計器類の
チェックです.空冷ポルシェなどではタイプ993ではタンクゲージの?が一時流行もしていましたね.そして距離などを少ないポルシェはタンク内のトラブルなどもある事からクレヨンでは年式にかかわらず.試運転ではガソリン満タンにしています。
話は横道にそれましたが.満タン後の各スイッチ類など全て正常ですね空気圧センサーも交換してリセットして再起動したので正常に数値が出ていますね。
ここからは.念入りのナジマシ運転です.GT系はこの気候気温が10度前後であれば15分以上ナジマシが必要です特に今回のPCCBブレーキが装着されているポルシェは+10分そして.ブレーキローターに熱を少し入れながのナジマシか必要と成ります。
そんな事を考えながら油温.水温タイヤなど馴染んで各テストをしました.タイヤが新品を付けているので回りの表面コーティング剤とまではいきませんが.30キロは最低走らないと本来の性能にはなりませんね.そして高速 山 一般道わはしり.私が?と思ったのは今回は車線変更のときに.リアの安定が?でした.何度も路面の異なるところで.後ろの車が居ない事を確認しながらの車線変更あおりうんてんと勘違いされると困りますので.結果いつものコースを写真で分かるように走り終えて。
結果
このままてはクレヨンポルシェ=私の乗りたいポルシェでは無いので。
足回りのアライメントなどを一から見直すことにしました。 


トラック バック