里帰り整備その他整備報告

最終更新日2019/01/20
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


996ターボ里帰り整備ではフロントハブのベアリングから異音が発生していたため.交換を終えて.来週火曜日午後から検査ラインと成ったりました。
993カレラ里帰り整備 タイヤ交換を含む数年前から空冷964 993のミッションで泣き所ミッションリンケージ交換などの
部品の手配いたします。
72年Sタルガは通勤試運転でオイル漏れメカポンに送る写真のホース赤い矢印の所の部品交換です.この部品はオイルプレッシャースイッチの横についていて高い圧力がかかるため直ぐに交換が必要な場所でクレヨンポルシェにはメカポン911が沢山存在するので常在庫をしている部品の一つでもあります。
そして.オーナーのセンスで装着された格子柄のクラシックポルシェは最高のシートの装着
74カレラですが スピードメーターが動かなくなりエンジンを下ろしてミッションからメーターケーブルを送るギャーの交換をしました。 
シルバーのナローは今年あたりに?永年クランクレースから探して組み上げてきているエンジンが完成する予定なので
ボディーのリフレッシュをボチボチと始めてます.バックパネルこれねじで外れますよ。 

この様に.空冷水冷ポルシェを心配が少なく楽しむにはメンテナンスが必要と成りますので.クレヨンポルシェは納車整備と日常メンテナンスを重視しているため.クレヨンとコミニケーションを取れる方だけに乗って頂いています。
今年もご理解宜しくお願いします。