納車整備 ポルシェ996ターボMT クラッチOH+セル

最終更新日2019/03/02
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
クレヨンの納車整備ここで何をするか全て私の乗った?から始めます。ある意味私が乗って?と思わないときには油脂類の交換など12ケ月点検的な整備で終わる事もありまのでご理解宜しくお願いしますね。
私が乗った?を感じていたのでクラッチのOHしたところフォークが一番気になりましたね.ダンパーも切れましたね.993からのターボは(GT2系を除く)パワークラッチが付いているためある意味乗り手が代わるとクラッチ操作が変わるのでしかたが無いところですね...写真はその交換した流れです。
そしてエンジン ミッション ブレーキ各オイル交換及びクラッチのエアー抜きわしてエンジンを発動したところセルモーターの引きずりがあったためセルモーターを交換しました(写真は取り外しモーターです)。
今回の整備センターでお願いするとセルモーターも交換して+点検代金を詐欺用工賃+クラッチの部品代金を含むと
100諭吉前後いるかもしれませんね。 怖いですね中古のポルシェ買うの!

クレヨンポルシェの納車整備は全て還暦頑固親父岡本 孝の基準ですよ。
トラック バック