4月7日セントラルポルシェレースはDIXCELのローターとパット選択 986スポーツドライビング仕様 パート2

最終更新日2019/03/14
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
4月7日セントラルポルシェレースはDIXCELのローターとパット選択 986スポーツドライビング仕様 パート3
頭に描いた事を現実にすることが好きな事に改めて気づかされた(笑)
986ボクスターSをスポーツドライビング仕様に自分なりの今までの経験からパーツを選んでの
装着していく今回の企画面白いですね(笑)
今回はDIXCELのローターとパットを選んだ理由 価格と性能のバランスそして入庫が他社に比べると
スムーズである事などからです。 
基本エンジンはノーマルで走るのですが ボクスターは911と異なるところが沢山ありますね
正直各部でコストを下げている一面が見られますね。
世の中には986でスポーツドライビングをすでに多くの人が楽しまられています 
そんな人からアドバイスからブローバイのオイル関係を一から見直しそして.エンジンオイルも
それに対応したオイルを選んでいます。
クレヨンにはタイプの異なる911が沢山入庫しますので.経験から適したオイルを選んでます。 
さてさて今回はどれを入れるかな?それぞれのメーカーの特性を考えてチョイス(笑)
そして.986のボクスターのエンジンはイプ996系カレラと同形態のエンジンですが
RRとMRとでは整備も大きく異なり過去に996系では交換した記憶の無い物まで.交換しますね
その一つがプラグホールですね一つからオイルが少し漏れていたので今回全て交換することにしました。 これは私の勘ですがエンジンの置いている場所と熱の関係かなMRよりRRの方がポルシェ社は歴史があるので熱対策も進んでいるのですかね特に986はある意味水冷ボクスターの初代とも言えます あえて素敵な言葉で言うならナロースオープンスポーツですね。
トラック バック