固定資産税とポルシェの部品代は同じ? 里帰り整備964

最終更新日2019/05/09
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


固定資産税とポルシェの部品代は同じ? 里帰り整備964

里帰りのクレヨンポルシェ整備が毎週あるのが日常がガレージクレヨンです。
数年前のポルシェバブルも落ち着いてきていますが
ポルシェクラシックと言うブランドが立ち上がり特に空冷ポルシェを以前から乗られているオーナーにしてみれば本当は迷惑な話なんですね。
これは日本の不動産と同じで地価が高く成り固定資産是が上がり住めなく成るのと同じで.ポルシェの価格が上がると=部品の価格があがります。
これを解りやすく言うと仮に100万円で売買されているポルシェがあれば.修理代金が100万円以上かかると直せないで部品どりなどにします。 
そこで中古ポルシェの売買金額が一時の時くらべれば.落ち着いたとしてもまだまだ以前に比べると高額になり部品代が以前の数倍に成っている物がおおくあります。
メーカーも最新の車の部品は比較的リーズナブルな価格設定をしています。
.最近ではポルシェクラッシク内の部品に関して高額になっています。
また以前ではOEN部品や電機メーカーから直接仕入れられた部品もメーカーからしか出なくなったりしてきていますね。
投機目的で空冷ポルシェを買っている単なるマネーゲームの駒にしか思っていない人は?ですが。クレヨンポルシェは永く乗られて楽しんでいるオーナーには経年劣化が進み現在空冷ポルシェ全般に里帰り整備及びリフレッシュなどて近年請求書を書くのが怖くなるほどですね.結果どんなものでも急激な価格が変動するのは.良い事ではありませんね。
そんな言い訳をみたいな事わ今日は書きました。
964里帰りカレラ2完成RS整備完成来週火曜日ライン取得となります
写真はRSのブロアー及びリレー及び切り替えレバーなどの交換です。
そしてカレラ2は完成して最終の洗車と掃除機をかけているところです。