事前納車整備から新オーナーが決まり納車整備となった964アマゾン

最終更新日2019/06/12
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
有難い事ですね。ポルシェと出会って41年目昔も今も変わらない姿勢で不器用が得意技で同じ事を続けられています。
昔はデジタルカメラやスマホなど無く。
今みたいに簡単に整備風景を皆さんに報告出来ることはなありませんでした.今は.本当に楽になりましたね。 
今回の964アマゾンの新オーナーは30年ぐらい前にクレヨンの前を趣味のウインドサーフィンで良く通り.いつかはポルシェに乗れれば良いかなから.永年クレヨンのニュースサイト誤字脱文ある意味岡本語を解るぐらい見て頂いたいた.オーナーが今回の新オーナーです。
今週に入りポルシェ業界も大きな騒ぎ15憶で140人良く分からない数字が世間をどよめかしていますが.そんな事は私には関係なく今までの同じ考えを突き進むだけですので(笑)ここで改めてクレヨンポルシェとは?
私が乗っても良いと思うポルシェ=クレヨンポルシェを今回のアマゾンで報告します
1 元クレヨンポルシェ 過去の整備でエンジン 足回りリフレッシュしています。(今後何年かでは同じことを整備をするともありますが) 
2 リフトに上げて過去にリフレッシュしたところを確認.本体からのオイル漏れ無しですが.チェーンケースの経年劣化があるためカバーパッキンの交換だけでは漏れが治らないので.カバー本体の交換。
3 次にACが効かないので修理エバ関係の交換などこれは高額整備の一つです。 
4 タイヤは2003年の物が装着されていたので今回は予算の関係から中古の2015年の十分に山のあるものと交換。
5 後は世間で言う24カ月点検の油脂類の交換となります。
6 外装は写真の左リヤーフェンダーに凹みこれは私の基準の洗車した時に気になるので綺麗綺麗ペイントとその他外観は小傷はありますが私が洗車しても気にならないので直しません。
今回それらを整備スケジュールに記載後取り掛かります。
上記の内容を新オーナーに現車を見ながらメカニックと私とで説明ご新オーナーに成って頂く中古ポルシェ屋さんの
本来の今も昔も変わらないクレヨンポルシェです。

     日本国内で乗って楽しく心配が出来るだけ少なくクレヨン整備工場でメンテナンスが受けられるのが
     クレヨンポルシェなので投機目的及び海外バイヤーはこれからも販売はいたしません。
     還暦頑固親父   岡本 孝



トラック バック