本日の作業964アマゾン964ブラック 993カレラ4S +還暦頑固親父つぶやき

最終更新日2019/06/20
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM

本日の作業964アマゾン964ブラック 993カレラ4S +還暦頑固親父つぶやき

964アマゾンは最終の綺麗綺麗に入ります
右リアフェンダーだけの綺麗綺麗を予定していましたが私がもう一度洗車したところ
左右きになるので.綺麗綺麗左右することに成りました。フロント周りは飛び石はポルシェの勲章と
思ってますが(笑) 
964ブラックは昨日新オーナーが気に成ったと言われたドアのエクボなどをなおしました。
里帰り整備+足回りのリフレッシュ993カレラ4S
昨日検査ラインを取得 そして本日よりブレーキを除く足回りのリフレッシュに入ります
内容は 前後ショック バネ  マウント類 写真のフロントアームを外して綺麗綺麗にして
ブッシュの交換及びタイヤを四本交換など車検整備と足回りリフレッシュで100オーバーの
作業となります。 お渡ししてから5年超えて現在の走行距離は2.9万キロ製造より23年
空冷ポルシェ特に964と993はここ数年クレヨンのリフレッシュ費用劣化と部品の高騰で
年々高額になっている事だけはお伝えしておきます。
現状で964と993は購入は私が初めてタイプ912を買ったときのように本体のローンと組んで直後に整備のローンが払えず直ぐに売却しなければ.成らなくなりますよ。
.皆さん注意してくださいね。
大手ポルシェ中古車ディーラーが倒産した原因の一つに空冷ポルシェが高額になり。
グレーマネーでにわかポルシェ屋さんが増えて仕入れ価格が競争により高額に成り整備も適当になりユーザーのクレームが爆発。さらに激減した事と。良いも悪いもネットで整備情報やショップ情報が分かる時代。
軽はずみに空冷ポルシェに手を出さなく成ったそして.売り上げが激変ここに来て海外に飛ばしていた空冷ポルシェも底をつき.海外も車を投資にしていた人も絵画や美術品とと比べると10倍以上の保管と状態維持にスポーツカーの絵画 美術品 などとは比べねのに成らない保管費用がいる事に気がつき投資対象から引く人もボチボチ出てきている事も報じられています。
現に991Rが一億円と言われていましたが今は半値ぐらいかな? 先日の日本のオークションでも73RSが一時は1憶円と言われていましたが6000万円台で落札されましたね。
日本は海外の相場からいまだに大きくずれていますね。 
さてさて991のSS世界で1000台近く作られて日本にも正規入ってきていますが販売乗り出し価格3500万円前後の予想と言われていますが.さてさて誰が得して誰が?をひくのかな.どのみち本当にポルシェが好きで買いたい人には 売ってくれないSSですね(笑)