GT1クランク系三台のキャララホワイト販売車911の還暦頑固親父つぶやき 

最終更新日2019/06/25
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM

GT1クランク系三台のキャララホワイト販売車911の還暦頑固親父つぶやき 

ポルシェの歴史の中てもクランクケースを大きく分けると左右ほぼほぼ対象に縦半分に
解れるケースと一体式の物に解れます。
最新の991系などはクレヨンでは実際に私の目の前で分解整備の経験がないのでお話はできませんがが 996から997までのGT2 GT3 ターボ系では左右対処に解れるケースが使われてます。
今回写真のミニカーGT1に仕様されていたのは左右の割れるクランクケースと同じ形状に近い物を使用した物を一般的にはGT1クランク系と私は読んでいます。 

ポルシェ歴史=自動車メーカーの永遠の課題が熱対策で排気量を上げてパワー上げると多くのガソリンを燃やすので熱がでます.熱が出ると冷やさないとエンジンがブローします。
そしてエンジンには様々なパッキン Оリング シール材を使い組み上げられていますがそれらは
年々熱に強い素材が出来上がり改善されてきていますが限界があります。
そんなケースがポルシェで空冷からのクランクケースが奇跡のケースと言われてきました。
そんな形状のケースを使ったのが現在ストックリストに掲載済みの996GT2そして販売予定の後期996GT3と前期の2008年997ターボです。
では実際に一般の人がその違いを分かるのかと言いますと.それが分かるのですね耳を澄まして五感を研ぎ澄ますと分かるのですね. エンジンと事態の音と排気音の低さが空冷ポルシェと同じ感覚に近いのですね。
そんなGT1クランクケーンに近い物を使用した 写真の三台の新オーナーご希望の方は価格など細かな詳細を知りそれから考えて予約来店商談してみては如何ですか。

クレヨンは防犯上からも完全来店予約と成っていますので.ご理解宜しくお願いします。
電話077-579-0009 還暦頑固親父岡本がお待ちしています。