第7回スバルザカップ レースレポート

最終更新日2015/08/05
ZOOM
7月19日(日)、第7回スバルザカップが開催されました。

今年は開催の直前まで台風の進路とスピードに実行委員会側はやきもき・・・
台風との兼ね合いで回航を諦めた艇が何艇か出ましたが、熱海、三浦の各地から多くの参加艇が前日の土曜日に夢の島や浦安マリーナに舫いを取りました。
ZOOM
前日の夕方からはウェルカムパーティ。今回、多くの副賞の中から、前日のウェルカムパーティでも抽選会で盛り上がることができました。
ZOOM
翌日、朝6時半頃から準備された陸上本部に各艇の出艇エントリーが行われます。
今回から時間のかかる海上エントリーに代えて、陸上出艇申告となりましたが、多少の混乱はあったものの、7時半には参加艇のリストを各マークボートに渡して完了。

本部艇がオレンジのスバルザカップのフラッグを掲げ、荒川を下っていきます。
ZOOM
天気は梅雨明けを告げるような晴天、風は南、8~10mくらい。波高も1mくらいはあります。
風が強いので、長めにアンカーロープを出して、マークボートに指示。

心持ちリミット側が高くスタートラインは設定。スタボーロングで最初の回航マークへ向かう角度の中、アウター側を取るか、高さを取ってそのままゲートマークへの高さとするか…各艇集中しないような角度で…と。
ZOOM
定刻の9時、グループAのクラスⅠ・Ⅱが大きくヒールしながらスタートラインを切っていきます。
1艇OCSあるも、解消してスタートしていきます。

上空からはスタート風景を撮影しに出てきたヘリの音も聞こえます。ライン全体に広がったスタートでした。
ZOOM
続いて9時10分、グループBのクラスⅢ・Ⅳが同じくライン全体に拡がってスタートです。

中型艇ともなると、1ポイントリーフをしている艇もあるくらい、久しぶりの迫力ある風です。
ZOOM
9時20分、グループC、クラスⅤ・Ⅵが最初と同じ安定した南風の中でラインを切りました。
ZOOM
次の仕事はゲートマークボートと連絡とりながらの、2回目のヘリを飛ばすタイミング取り。

各艇、安定した南風の中、順調にゲートマークを目指しているようです。
ZOOM
スタートから1時間半前後でトップ艇団が橋を回航…

微風に泣いた昨年とはうってかわったレース展開です。
ZOOM
他方、トラブル等でリタイアの連絡もいくつか入ってきます。

「ラダートラブルで漂流中…」
ZOOM
本部艇に緊張が。すぐに監視艇を連絡受けた海域へ。

その後当該艇からは「エマージェンシーラダーをセットして自力でホームポートに向かう」旨の連絡。(その後無事帰港)

その他全部で6艇がリタイアでしたが、全艇無事に帰港でした。
ZOOM
フィニッシュラインは本部艇を動かして少し狭くとります。

2時間を過ぎた頃には、トップ艇団がスピンを膨らませて向かってくるのが見えます。
ZOOM
トップはMIL GRACE、なんと2時間少々でフィニッシュ。


その後、2時間40分くらいから、順次フィニッシュが続きます。

ZOOM
クラスⅠの大型レース艇にまじって、クラスⅡのU.LA.LAが着順8番で素晴らしい帆走でフィニッシュ。

なかにはメイントラブルか、スピンにトライスルでフィニッシュしてくる艇もいる。
ZOOM
クラスBが3時間前後、クラスCが3時間半くらいから続々フィニッシュ、15時のタイムリミット前にリタイア艇を除く全艇がフィニッシュとなりました。
ZOOM
18:00からの表彰式では、どの艇の参加者も充実感が感じられる笑顔が・・・

「やぁ~、よく実施してくれたよ。あの風の中でやらないんじゃないかと心配したよ・・・」

なんて声も聞こえてきましたが、それもこれも安全に注意してくれている参加者いればこそ。

ZOOM
表彰式では、フィニッシュした全艇に副賞も準備されておおいに盛り上がりました。
ZOOM
最後に、協力して大成功に結び付けてくれたすべての人に感謝して、2015年のSZCのレポートを終えたいと思います。
また来年会いましょう。

レポート レース委員長 山本人一
≪写真14≫