平成27年度東京ヨットクラブ総会レポート

最終更新日2016/05/17
ZOOM
平成27年5月15日、東京夢の島マリーナマリンセンター2階会議室において、平成27年度東京ヨットクラブ総会が開催されました。

吉原泊地委員長より、「総会成立」との宣言により、開会。
ZOOM
はじめに、小島会長よりご挨拶。

「昨年度は、安全対策の見直しに重点をおいて活動した甲斐もあり、無事故で充実した1年でした。

今年度もなお一層安全に留意して、活動をしてゆきたいと思いますのでご協力よろしくお願いいたします。」
ZOOM
続いて平生副会長より、平成27年度事業報告がありました。

・レースは年間9回開催しましたが、参加艇数は以前よりは減っているものの、約30艇で安定している。

・第7回スバルザカップは約100艇、700名の参加がありました。

・8月の保田レースは合同帆走会として新しいスタイルで実施。

・1,2月のセーリング練習会は天候により残念ながら中止。
ZOOM
引き続き国分事務局長より、平成27年度収支報告がありました。
ZOOM
その後、松村監査より監査報告があり、満場一致の拍手で承認されました。
ZOOM
次に、平生副会長より、平成28年度事業予定の説明がありました。

ほぼ昨年度の内容に沿った事業内容で予定しております。
ZOOM
続いて国分事務局長より、平成28年度予算案の報告がありました。
ZOOM
最後に役員の改選があり、新役員の紹介がありました。

以上の議題がつつがなく進行され、平成27年度の総会は終了しました。