フェラーリ 360 モデナ F1

年式2003/H15
走行距離3.3万km
外装色ロッソコルサ
内装色ブラックレザー
車検2年7月
低排出-
修復歴なし
中古車
排気量3580cc
定員 2名
全長×全幅×全高(cm) 449×192×121

2003年、ディーラー、フェラーリ360モデナF1、入庫致しました。

チャレンジグリル、スクーデリアエンブレム、パワークラフトマフラー ( バルブ開閉スイッチ付 )
社外インダッシュナビ、バックカメラ、ETC、カーボンステアリング、ディーラー点検資料多数有、
備品、工具、スペアーキー揃っております。
ノーマル部品も、全て御座います。

360モデナはF355の後継車種として登場。3.6Lエンジンを搭載することから「360」の名称が付いた。デザインを担当したのはピニンファリーナ社のイタリア人デザイナーのダビデ・アルカンジェリである。(ディレクターは奥山清行)。ダクト形状やドアノブは女性の爪をイメージしている。フェラーリのラインナップの中ではエントリーモデル的存在であった。販売の時期がF1におけるスクーデリア・フェラーリの黄金期と重なり、当時の史上最多の販売台数を記録した。2005年に生産を終了し、後継車種のF430にバトンタッチした。なお、F355まで採用されていたトンネルバックスタイルは廃止され、360モデナからクーペモデルはファストバックスタイルを採用。エンジンフードがガラスになり、エンジンルームが見えるようになっている。
アルコア製のアルミニウム押し出し材によるオールアルミ製スペースフレームにボデイ外装もアルミ製である。またF355から空力的にも大幅に進化しており、180mph(約290km/h)でおよそ4倍の180kgのダウンフォース量を発生する。カタログデータによるトップスピードは295km/h、0-100km/hは4.5秒、0-400mは12.6秒である。日本での価格は1,758-2,026万円(最終モデル)であり、左ハンドルのみの展開である。ただし、オプションで右ハンドルを選択することも可能。エンジンはF355の3.5L V8エンジンを改良し、2mmストロークアップした1気筒5バルブの3.6L V8エンジンをミッドシップマウントする。このエンジンは、F355比では20PSの出力アップ、1.3kg·mのトルクアップを達成している。トランスミッションもF355と同様、従来の6速MTと6速セミAT(F1マチック)を用意しているがF1マチックには改良が施され、シフトダウン時にブリッピングが自動で行われるようになった。F1マチック搭載車はステアリングのパドルで変速を行う。「360スパイダー」「360スパイダーF1」の幌はソフトトップであり、ロールバーが標準装備されている。スパイダーはトンネルバックスタイルを採用している。

Shinoda Automobile (シノダオートモービル)
ショップ名
Shinoda Automobile (シノダオートモービル)
住所
電話番号
FAX番号
03-5706-8513
営業時間
-
定休日
毎週月曜日
ホームページ