Detail Info.

フェラーリ ディーノ 246GTS

フェラーリ ディーノ 246GTS
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
  • car thumbnails
年式 1973/S48
走行距離 9.2万km
車検 26年7月
乗車定員 2名
車輌寸法
全長: 424cm
全幅: 169cm
全高: 111cm
排気量 2410cc
SOLD
ASK

コメント

ホモロゲートの必要生産台数を満たして2Lに止める必要がなくなり、一般にも乗りやすい実用スポーツカーへと性格を変えるため、またコストダウンのためエンジンが鋳鉄ブロックアルミヘッド、ボアφ92.5mm×ストローク60mmの2,418cc、圧縮比9.0のティーポ135CSに変更されて195仏馬力/7,600rpm、23.0kgmにパワーアップしつつもカムシャフト変更により性格はマイルドになった。このエンジンの性格の変化は劇的なものであり、乗り手を選ぶ206からスポーツカーを扱える者ならば普通に乗れる車になった。また車体もレーシングジオトメリーから扱いやすい一般スポーツカーへ変更を行ない、ホイールベースが60㎜延長され燃料タンクが70Lへ8L拡大されたことでコーナーの挙動が安定し、運転技術の未熟な者でも扱える車に仕上がった。また室内空間やペダルのオフセットが改良され、ステアリングのユニバーサルジョイントの角度も改善されよりスムーズなステアリング操作を実現した。また段階的に生産効率が良くコストも下げられるスチール製ボディに変更され車両重量は増加したが、2割の排気量アップによりカタログ値の235km/hに近い最高速度まで達することができるなど当時のスポーツカーの中で高い性能を持っていた。

ボディーカラーはフェラーリとしての認識が確立したため赤やコーポレートカラーの黄も多くなり、総じてメタリック系の色は少なくなった。しかしながら、工場出荷時の色はソリッドカラー16色、メタリックカラー14色と多彩なカラーが用意されていた。

生産中の改良もしくは変更により大きく以下の3タイプに分けられる。


希少車種
Shop Data

Shinoda Automobile (シノダオートモービル)

Shinoda Automobile (シノダオートモービル)

篠田株式会社 東京ショールーム

住所 東京都世田谷区上野毛1-9-9 営業時間 -
TEL 03-5706-8511 定休日 毎週月曜日
FAX 03-5706-8513 URL http://www.shinodaautomobile.com
備考 -