フェラーリ 360チャレンジストラダーレ 

年式2004/H16
走行距離1.4万km
外装色BLU POZZI
内装色ブラック×レッドアルカンタラ
車検R3年4月
低排出-
修復歴なし
中古車
排気量3,580cc
定員2名
全長×全幅×全高(cm) 448×193×119

2004年モデル、新車並行、希少ボディーカラー、低走行車入庫致しました。
メンテナンス(全てディーラーにて)、備品、工具、スペアキー揃っております。

2003年のジュネーブショーでお披露目されたフェラーリ「チャンレンジ・ストラダーレ」は、「360モデナ」「360スパイダー」と同様、3.6リッターV8ユニットを搭載したロードゴーイングカー。360モデナのシャシーをベースに、「フェラーリ・チャレンジ・インターナショナル・チャンピオンシップ」やFIA GT選手権などレースフィールドで得たノウハウを継ぎこんだ、「レーシングカーの真髄を提案」(プレスリリース)するモデルである。150×1800mmのウィング装着などにより、360モデナ比でダウンフォースを50%アップ。一方、Cd値は0.335と360モデナと同レベルにしたという。カーボンミラー、「チャレンジタイプ」の19インチホイールなどが外観上の識別点だ。ベースモデル同様にアルミを用いたボディは、全長×全幅×全高=4427×1922×1199mm、ホイールベース2600mmというディメンション。チタン素材をサスペンション、ホイールのボルト、ダンパーに、またF1からフィードバックしたというカーボン素材をドアパネルなどに採用し、110kg以上のダイエットに成功。乾燥重量を1180kgとした。ミドにマウントされる心臓部の3.6リッターV8は、最高出力426ps/8500rpm、最大トルク38.0kgm/4750rpmを発生。360モデナより26psパワーアップされた。トランスミッションは、ステアリング裏のパドルでシフトできるクラッチレスMT「F1ギアボックス」。「スポーツ」か「レース」モードを選び、トラクションコントロール(ASR)を含む車体制御システムを最適化する。ASRオフ状態でレースモードを選択すれば、F1同様ローンチコントロールが味わえるという。なお、オートマチックモードは設定されない。ハイパワー化にともない、ストッピングパワーも増強。ブレンボと共同開発したというブレーキは、カーボンセラミックディスク(CCM)とアルミ製ブレーキキャリパーの組み合わせ。前6ポッドキャリパー(直径380mm、厚さ34mm)、後4ポッド(同350mm、34mm)で、制動力は360モデナ比15%向上したという。

Shinoda Automobile (シノダオートモービル)
ショップ名
Shinoda Automobile (シノダオートモービル)
住所
電話番号
FAX番号
03-5706-8513
営業時間
火〜土 10:00〜19:00<BR>日・祝 10:30〜19:00
定休日
毎週月曜日
ホームページ