●事前納車整備 930SSターボボディー 964SS 二台一度にパート12
最終更新日:2012/09/27(Thu)
 
 足廻りの整備が完成しましたので、次にA/Tの整備を行います。以前にATFなどの交換作業は行っていますが、テスターにATF温度センサーの故障が入りATの温度表示が確認できない状態でしたのでこちらの作業を行います。
 左の写真は、オイルパン、ストレーナー、バルブボディを外した状態です。温度センサーはA/Tワイヤーハーネスに付いていますのでバルブボディを外しての作業になります。 
 真ん中の写真、A/Tワイヤーハーネスに付いている温度センサーになります。
 右の写真、テスター上でATF温度を表示させている状態です。ATF温度に応じてATF量を合わせていきますので重要な部分となります。

パート13に続きます。

この記事のこれまでの流れが知りたい方は記事の下にある トラックバックというリンクをクリックしてください。
次々現れてきます。

メカニック 藤本
関連URL