●私の11万キロポルシェ930ターボ 機関整備パート10 エンジンに火がNCCRの朝
最終更新日:2012/12/03(Mon)
昨日前乗りでNCCR淡路に参加した 930ターボ11万キロ
実は当日の朝エンジンに火がなかなか入りませんでした 
約数回セルを回しましたがバッテリーが上がりました
最後の手段として前乗りでホテルの四階の停車していたため 坂の力をかりて押しがけに挑戦してようやく火が入りました
今回の 原因の考えられる事 

気温が前日マイナスまで冷え込み 急激なバッテリーの低下をまねいたのが一番の原因...

置いていた場所が 屋上の屋根の無い所で室内と異なりエンジン及び
全てが零度以下になったと思われます 現実にボディーには霜が凍り付いていました 
オーナーの決まったポルシェのバッテリー全てテストして 悪ければ交換しているのですがね ついつい自分の物はいつでも替えられる事もあり 古い物を使っていました(笑) 大工の戸は閉まらないとはこの事ですね 
今回の 修理内容写真で解るように バッテリー交換それと 電気回りのリレー点検 20年以上使用しているものは交換します
あと 燃料ポンプなども点検していきたいと思います 
取りあえず エンジン調整と燃料の流量などが弱っていないか 点検点検 続く.... 


 
関連URL