●ポルシェを一台だけしか持つ事が出来ない法律が成立したら(笑)
最終更新日:2013/01/08(Tue)
 
私はタイプ996のGT3RSを選ぶかも(笑)
当初GT3にステッカーチューンしただけといううわさがあり、日本で少
数割り当てのスペシャルポルシェ
実際に当時新車で私は注文していましたので、いち早く日本で乗る事
ができ、あまりの違いに驚きました。
ホモロゲ取得を目的に作られた世界で台数も200台前後と非常に少なく、大きく異なるのはノーマルのGT3よりロワアームの位置が大きく下がっている、まったく別物の足回りです。
これは当時のカップカーでもしていないことで、あくまでもRSRをレー
スで走らせるために造られたことがわかります。
現在997GT3RS4.0までが発売されていますが、サーキットでタイム
を縮めて早く走るのであれば、当然ポルシェは最新が最良です
そのため 足回りにはコーナーでリアをコントロールする電子制御システムが導入されています 
ある意味この996まではABSの制御は はいりますが(少しリアにも
入ります)が自分のハンドリング アクセルワークを試せる最後のRSで
楽しく、気持ち良く走るのであれば私はこの996GT3RSが最高の一
台だと思います。
ワインディング、高速道路でもはっきりとほかのポルシェとの違いがわかっていただける最高の乗り物です。
そんな書き出したら きりの無い私一押しの996GT3RSしなやかでムチのような足回りは一度乗ると病みつきです
、200キロから安定する足回り・・・(笑)
世界総生産200台前後で、その中で二種類のラインカラーが選べました
現在奇跡的にもクレヨンにレッドとブルーラインの二台があります
それも正規輸入車 その上サーキット走行なし フルオリジナル オプシ
ョン エアコン ホワイトロールゲージ キセノン PCCBと新車乗り
出し価格2000万円オーバーのスペシャルポルシェ
世界での生産台数を見ると、レッドレインよりブルーラインのほうが数が
少ないと言われています。
日本に、実際に存在するブルーラインのRSはおおよそ20台前後と判断されています。
今後大きな価格変動の少ない水冷スペシャルモデルではないかと私は思っています。 現在世界の996GT3RSの100分の一がクレヨンにある事が奇跡と私は思います  
関連URL