●私の相棒11万キロポルシェ930ターボ 誰かに譲ります.....
最終更新日:2013/03/12(Tue)
 
長期テストをかねて88年ターボ11万キロを昨年から乗っていました
メンテを繰り返して 私の相棒としてNCCRラリーなどにも参加したり
通勤に使ったり お散歩したりとしてきた相棒
新しい相棒が納車されたので 譲る事にします 
現在クラッチ関係とオイル漏れがあるので木曜日ぐらいからとりあえず
エンジンをおろします  普段のクレヨンの納車整備と同じレベルで整備に
入るとお譲りする価格が500万円超えるので
適度な整備でお渡しして400万円までで乗っていただける
レベルの整備したいとおもいます  
このターボに関しては ストックリストには当面のせる事は控えますので
ご理解ください  販売価格は実際のクレヨンの原価を越えております
私の乗った分は 払いますので一般の方が買われるなら利口なターボです
当然修復歴なし 交換パネルなしですよ  
現在日本の空冷ポルシェの危機に来ています 海外のバイヤーが 964ターボ 930ターボ RS系 及び空冷ポルシェ全体の走行距離より 固体の確りしている物を買いあさっています
(海外では10万キロのポルシェはあたり前のレベルですから)
クレヨンでは海外のバイヤーには 販売しない方針を採っています 
今後日本には良い個体の空冷ポルシェは無くなって行く可能性があります ポルシェを手放される方は一度クレヨンに相談してください 宜しくお願いします
私の前相棒を乗ってみたい方は クレヨンに来店してください そして整備内容など私とお話して納得した上にのお譲りとなります  
店頭販売している クレヨンポルシェは新車の7割から8割の雰囲気が味わえる事を目標としていますが 今回は5割から6割の雰囲気が味わえる
感じかな.... 電話でのお問い合わせは来店の予定だけといたしますので ご理解宜しくお願いします.....

トラック バックで私が手を入れたところを解りますので 見てください
関連URL