●ポルシェ996カレラ後期モデル(03)  試運転 パート2
最終更新日:2013/07/08(Mon)
 

996カレラ後期モデル試運転パート2 (約300キロ走りました)
通勤そして琵琶湖南湖を回ったりと色々な条件化で試運転しています 街中かは.この暑さでも平気ですね クーラー流石水冷ポルシェ寒いぐらい効きますj. 
水温も安定しています 雨の日など空調及びワイパーなどの性能は空冷ポルシェとでは.考えられないぐらいの進化が見られます  
そして今回はクレヨンの裏山である比叡山な゛とも少し走って左右のコーナーのハンドルの感覚なども確かめてみました 17インチ今となれば小さなホイルですがこの996カレラならワイディングは楽しく走れます 同じ996でもGT3は18インチで車高も低い事もあり
ハンドリングがしびやに反応しすぎるので本気でコーナーせめてやらないと面白くなく危険な感じがしますが カレラは気楽に楽しめるハンドリングです 
そして何よりもコーナーの立ち上がりはGT3より低速のトルク感があるため気持ちの良い立ち上がりをしてくれます(高速コーナーはダントツにGT3が上ですが)
ある意味街中 ワインディングなどであれば996カレラ後期モデルは
思っている以上に楽しい911です
特にTIPが993の四速から五速に変更になり 996後期モデルTIPかなり996カレラ前期モデルでデーターを集められたため 
ソフトの仕上がりに素晴らしく 計算された物に書き換えられていると確信を出来るほどのです
あらためて インタミッドシャフトのキャンペーンが発表になった
996後期カレラ3.6はこの価格帯ならお得な911と言えると思います
整備に関しては 意外とチョコチョコしたところ左右の窓ガラスのレギュレターなど 空冷ポルシェでは使われていないシステムのところの部品がそれなりの値段がします 今回のクレヨンでの整備に使った
部品代合計はタイヤ代金を含めて約45万円でした(工賃は含まず)
今回996カレラ3万キロ走行の良い個体でも クレヨンポルシェの基本
私が乗りたいポルシェにリフレッシュするには 機関の整備 検査 タイヤ代金 外装のリフレッシュなどWコーティングまでPセンターでお願いすると
約100万円前後の請求となりました.....
最終の試運転はガソリンをもう少し使いガソリンを満タンにいれて タンク内のフロートの動きを確認して終わりたいと思います.....
関連URL