●ポルシェ964ターボ 3.6納車整備スタート
最終更新日:2013/07/23(Tue)
 
クレヨンお勧めのWコーティングの施工もおわり 昨晩から機関の整備に入ります
事前にタイヤを新品に交換 エンジンオイル 燃料フィルター 燃料ポンプ前後交換 バッテリー交換などをして試運転をして?の部分をメカニック藤本に伝え....ターボならではの整備をすすめます
ターボではオイルにじみはなどは完全に停めることは経年劣化では難しく 特に3.6ターボは多少の漏れはクレヨンでも行いません 
でも やるべきところは確りと整備をしていきます
まずは インタークーラーを外します
930ターボ 964ターボ 964ターボ3.6までのモデルはボッシュKジェットロが装着されています そのご993ターボからはLジェットロ変更されています
そのため 964ターボの整備では普段NAのポルシェではお目にかかれない
写真のヒューエルデスを外しクレヨンのオリジナルの洗浄を行います
この作業だけで一日以上の日数が必要となります  その他試運転前に交換した 物のことは一度リセットして最初から今回は整備をします
それは 走行距離少ないポルシェのある意味ポイントと私は思っています
関連URL