●ポルシェ930SSカレラボディー 納車整備5 再び試運転
最終更新日:2013/10/19(Sat)
 
エンジン調整を含めて最終整備を終えました
そして ガソリンを満タンにして燃料ゲージのチェックです
これ中古車ポルシェを購入して ガソリンを入れたら動かない?
空冷ポルシェはなどは生産から20年以上経過しているのであります
タンクユットが固着している物もありクレヨンでは確認しています
(タイプ964では ユニットの当時メーカーのキャンペーンで交換したことが卓さんる部品の一つでもあります)
注意 ナロー 356などは正確な量が半分を切るとメーターの上では
三分の1ぐらい残っていてもガソリンが無い時がありますので 
クレヨンではナロー 356など35年以上経過しているポルシェオーナーには早い目のガソリン給油を心がけていただいています 
あと なるべクラッシックポルシェは自分で適量なガソリン量を覚えてください 一杯まで入れるとオーバーフローすることもありますよ  
話は戻りますが(笑)
二回目の試運転開始エンジンのアイドリングからスタートそして各ミッションでのトルク感 吹き上がりを確かめながら走ると前回の試運転の時に感じた
?が改善されています 自分の思っている3.2カレラの雰囲気になりました
3000回転からの盛り上がりそして レスポンスグッドです
あとは 掃除をして完成です.......
関連URL